プラナ治療院 |さいたま市緑区三室 |鍼(ハリ)マッサージ 
プラナ治療院 |さいたま市緑区三室 |鍼(ハリ)マッサージ 

     ☎ 048-678-3639

 



鍼灸(しんきゅう、もしくは、はり・きゅう)は、東洋医学の一分野として中国に起源をもつ日本の伝統医療です。
 
鍼(ハリ)治療は、ステンレス製の鍼を経穴(ツボ)や患部に刺入します。
灸治療は、もぐさを燃焼させて経穴を刺激します。
 
人には元来、自然治癒力が備わっています。自然治癒力とは、傷や病気を治そうとする「自己再生機能」や、外部から侵入してくるウィルスや細菌と戦う免疫力である「自己防衛機能」のことです。
 
鍼灸治療は、この自然治癒力を引き出す「きっかけ」を作り出すことで、けがや病気を治そうとする働きを高めます。
全身のバランス、血流の流れ、リンパの流れが改善されることで、予防医学の一つとしても世界各国で注目を集めています。
 
 
 


鍼灸(しんきゅう、もしくは、はり・きゅう)は、東洋医学の一分野として中国に起源をもつ日本の伝統医療です。
 
鍼(ハリ)治療は、ステンレス製の鍼を経穴(ツボ)や患部に刺入します。
灸治療は、もぐさを燃焼させて経穴を刺激します。
 
人には元来、自然治癒力が備わっています。自然治癒力とは、傷や病気を治そうとする「自己再生機能」や、外部から侵入してくるウィルスや細菌と戦う免疫力である「自己防衛機能」のことです。
 
鍼灸治療は、この自然治癒力を引き出す「きっかけ」を作り出すことで、けがや病気を治そうとする働きを高めます。
全身のバランス、血流の流れ、リンパの流れが改善されることで、予防医学の一つとしても世界各国で注目を集めています。
 
 
 


:どのくらい痛いですか?
 
:「ハリ」というと注射針のようなものをイメージしがちですが、実は髪の毛の太さ程度のきわめて細いものを使用します。
施術ヶ所によっては、チクッと感じるところもありますが、患者さまによっては、まったく痛みを感じない方もいらっしゃるほどです。
 
 
:感染症の心配はないのですか?
 
:治療ごとに新品の滅菌されたディスポ鍼
(disposable=使い捨て)を使用し、使用後に破棄しますので心配はありません。
 
 
:副作用はありませんか?
 
:人の体調、体質、体力はさまざまです。患者さまに応じて刺激量を調節しますが、初診、体調のすぐれないとき、体力が落ちているときなど、「だるい」「重い」「眠い」などの症状がおきることがありますが、これは好転反応(めんげん現象)と言い、時間がたてば消えていくものなので心配はありません。
:鍼灸治療はどんな症状に効きますか?
 
:WHO(世界保健機構)では以下の病気に有効性を認めています。
【神経系疾患】
◎神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー
 
【運動器系疾患】
関節炎・◎リウマチ・◎頚肩腕症候群・◎頚椎捻挫後遺症・◎五十肩・腱鞘炎・◎腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)
 
【循環器系疾患】
心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ
 
【呼吸器系疾患】
気管支炎・喘息・風邪および予防
 
【消化器系疾患】
胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾
 
【代謝内分秘系疾患】
バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血
 
【生殖、泌尿器系疾患】
膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎
 
【婦人科系疾患】
更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊
 
【耳鼻咽喉科系疾患】
中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎
 
【眼科系疾患】
眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい
 
【小児科疾患】
小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善
 
上記疾患のうち「◎神経痛・◎リウマチ・◎頚肩腕症候群・◎頚椎捻挫後遺症・◎五十肩・◎腰痛」は、わが国においては、鍼灸の健康保険の適用が認められています。
 

:保険は効きますか?
 
:医師の同意書が必要です。主治医、かかりつけの先生にお願いしてください。
現在、保険適応の鍼灸疾患は 
・ 神経痛   
・ リウマチ  
・ 頚腕症候群  
・ 五十肩  
・ 腰痛症  
・ 頸椎捻挫後遺症 
の基本6疾患+その他になっています。

:どのくらい痛いですか? 
:「ハリ」というと注射針のようなものをイメージしがちですが、実は髪の毛の太さ程度のきわめて細いものを使用します。
施術ヶ所によっては、チクッと感じるところもありますが、患者さまによっては、まったく痛みを感じない方もいらっしゃるほどです。
 
 
:感染症の心配はないのですか?
:治療ごとに新品の滅菌されたディスポ鍼
(disposable=使い捨て)を使用し、使用後に破棄しますので心配はありません。
 
 
:副作用はありませんか?
:人の体調、体質、体力はさまざまです。患者さまに応じて刺激量を調節しますが、初診、体調のすぐれないとき、体力が落ちているときなど、「だるい」「重い」「眠い」などの症状がおきることがありますが、これは好転反応(めんげん現象)と言い、時間がたてば消えていくものなので心配はありません。


:鍼灸治療はどんな症状に効きますか? 
:WHO(世界保健機構)では以下の病気に有効性を認めています。
【神経系疾患】
◎神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー
 
【運動器系疾患】
関節炎・◎リウマチ・◎頚肩腕症候群・◎頚椎捻挫後遺症・◎五十肩・腱鞘炎・◎腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)
 
【循環器系疾患】
心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ
 
【呼吸器系疾患】
気管支炎・喘息・風邪および予防
 
【消化器系疾患】
胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾
 
【代謝内分秘系疾患】
バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血
 
【生殖、泌尿器系疾患】
膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎
 
【婦人科系疾患】
更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊
 
【耳鼻咽喉科系疾患】
中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎
 
【眼科系疾患】
眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい
 
【小児科疾患】
小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善
 
上記疾患のうち「◎神経痛・◎リウマチ・◎頚肩腕症候群・◎頚椎捻挫後遺症・◎五十肩・◎腰痛」は、わが国においては、鍼灸の健康保険の適用が認められています。
 

:保険は効きますか?
:医師の同意書が必要です。主治医、かかりつけの先生にお願いしてください。
現在、保険適応の鍼灸疾患は 
・ 神経痛   
・ リウマチ  
・ 頚腕症候群  
・ 五十肩  
・ 腰痛症  
・ 頸椎捻挫後遺症 
の基本6疾患+その他になっています。
プラナ治療院HOMEプラナ治療院HOME

ハリ治療についてハリ治療について

ハリ治療 Q & Aハリ治療 Q & A

訪問治療について訪問治療について

施術の様子施術の様子

治療費と診療時間治療費と診療時間

治療院の様子、ほか治療院の様子、ほか

小児障がい児訪問マッサージ小児障がい児訪問マッサージ

鍼灸・マッサージの効果鍼灸・マッサージの効果

ご利用までの流れご利用までの流れ

費用について費用について

費用について費用について

プラナ治療院ご挨拶プラナ治療院ご挨拶

プラナ治療院スタッフ紹介プラナ治療院スタッフ紹介

プラナ治療院アクセス・連絡先プラナ治療院アクセス・連絡先

プラナ治療院求人情報プラナ治療院求人情報

プラナ治療院お問合せプラナ治療院お問合せ

プラナ治療院健康!ツボ押し体操プラナ治療院健康!ツボ押し体操


プラナ治療院 |さいたま市緑区三室 |鍼(ハリ)マッサージ  さいたま市緑区三室1262-6プラナ治療院 |さいたま市緑区三室 |鍼(ハリ)マッサージ  さいたま市緑区三室1262-6

 


 
プラナ治療院 |さいたま市緑区三室 |鍼(ハリ)マッサージ  さいたま市緑区三室1262-6